FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

ちーちゃんとホテルに入りました。。。
あくまでも、マッサージのために。
ちーちゃんに癒しの時間をプレゼントするために。。。

汗臭いと申し訳ないからと、半分本気で半分見え見えの言訳けを言って、シャワーを浴びました。
ちーちゃんには、温まった方が効果があると、シャワーを勧めました。

しばらくして、ちーちゃんは、その手のホテルによくある、薄手で短めの浴衣と言うか、甚平の上だけ的な装いで、
ちょっと恥ずかしそうに出て来ました。そうです。あの薄めのピンク色のやつです。
めっちゃ可愛い!

先ずは緊張を解すために首の付け根から肩をモミモミした時の事です。
ぼくは軽い違和感を抱きました。そうです。肩ひもがない。。。

もう、その瞬間から、ぼくの視線はちーちゃんの胸の膨らみに釘付けで、妄想が止まりません。。。
ちーちゃんに気付かれない様に気を付けながら、浴衣の隙間をのぞき見です。
でも、着乱れはなく。。。残念!
それでも、鼻息が荒くなるのを気づかれない様に祈りながら、モミモミ続行。
しばらくして、ちーちゃんが気持ちいい。。。と言ったところで、背中を揉んであげると、寝転んでもらいました。

首から肩を軽くモミモミして、背骨に沿って徐々に下に向かって進んで行きます。
普段、マッサージをしてもらえないちーちゃんは、気持ちよさそうにしてくれてます。
ぼくの鼻息と、ちーちゃんの口から洩れる吐息の我慢比べの始まりです。(笑)

首から腰までを、ゆっくりと揉みながら、いたずら半分でちーちゃんの両側もサワサワと。
くすぐったそうなしぐさで、ちょっとピクッと反応するのを楽しみながら。
「イヤな時は言ってね。」と、一言お断りして、おしりとももを飛ばして、足首へ。
足首から上がって行くと、ふくらはぎはパンパンです。
「今日は歩き回ったの?」
「うん。足、張ってる?」
「パンパンやで。」
と、言う事で、ふくらはぎをじっくりと揉みほぐしてあげましょう。
申し訳なさそうにしながらも気持ちよさそうにしているちーちゃんがとっても可愛く感じて、女性が悦んで、癒される姿を見るのが好きだと思っているぼくがそこにいました。
これって、性癖の一種なのか???

妄想がバンバン膨らみ、鼻息がフンフン荒くなるぼくは、ホテルに入った時の理由、
あくまでも、マッサージのために。そして、ちーちゃんに癒しの時間をプレゼントするために。。。
を、自分に言い聞かせながら、モミモミは続きます。

では、次回、その後の活動報告をお楽しみに。。。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/9-9b5449f6

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。