FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんがぼくの腕を掴んで、
そして、けいこさんのモモに誘導したんです。

ばくは、オイルを追加して、けいこさんの足を撫で始めました。

ヌルっとした感触が、けいこさんのモモに伝わると、
けいこさんはピクんっと反応して、

あんっ

と、可愛い声。
感度が良くなってしまっているご様子です。
けいこさんは、そろそろマンへのマッサージ
期待しているかのように、腰がクネクネと動き始めてしまいました。
このまま、指を、けいこさんの塗れた割目に這わせて、
けいこさん自身の愛液と、このオイルを混ぜて、
クチュクチュいわせたら。。。
けいこさんはきっと、一気に絶頂に達するんだろうな。。。

と、思ったぼくは、意地悪な気持ちを抑えられず、
オイルを含んだ手をモモから上には行かず、
膝をサワサワすることにしました

あぁん。やだ。。くすぐったい。。。

と、けいこさんはいいながら、
それでも腰のクネクネは止まらず、
口から漏れる声はしだいに大きくなってきて、

あぁぁああぁんん。。。。ぁぁんっ

腰も足もクネクネ。
もうほとんどドタバタ(笑)

ちょっと、落ち着いていただくために、ふくらはぎから足の先に。
足の指先にオイルをたっぷり塗り込みながら、
1本ずつ揉んであげました。

さて、けいこさんが少し落ち着きを取り戻してきたところで、
再び、悦び癒しの時間に進みましょう。

けいこさんの耳元で、
「けいこさん。ワンワンスタイルになって下さい。」
と、お願いしました。けいこさんの本能を引き出すために。
けいこさんは、「えぇぇ~恥ずかしぃ。。。」と、言いながら、
どうしようかな。。。と言った顔で、戸惑っていました。

けいこさんのモモと、おっぱいをサワサワしながら、
けいこさんの決心がつくのを待ちました。

けいこさんは、さっきまでと同じように、

っっぁぁ、ぁああぁあぁぁぁ。。。

と、声が出始めたので、ちょっと、足を持ち上げて、
けいこさんが身体を回してうつ伏せになるのを促しました。
けいこさんが素直にうつ伏せになったところで、
腰に手を添えて、持ち上げました。



けいこさん、遂に、
ワンワンスタイルです。。。

=つづく=
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/33-75a3f873

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。