FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんがいらっしゃいました。
50代の清楚な感じの奥様です。
特徴は?と聞かれたら、正直、困る感じの、
なんとも普通の奥様なんです。
性感マッサージを。。。なんて事を考えるのか?
この人が?
と言うのが、第一印象でした。

最初にけいこさんに会った時、
ラブホのソファに座って、熱いコーヒーを飲みながら。。。

しばらく、世間話なんかをしながら、
少し、打ち解けたかな?と、思った頃に、
彼女の告白は、静かに始まりました。
とても丁寧な話し方で。

「もう永い間、旦那と一緒に寝ていないんです。
何年になるかも分からないくらい。。。」

「子供も大学に行っちゃって、家を出てますし、
私たち二人だけなのに、あの人は私に触れる事もなく。」
「浮気をしている感じでもないのですけどね。
世間でいう、空気みたいな。。。関係っていう感じかしら。」

「でね、私は毎日毎日、ご飯作って、洗濯して、お掃除して。」
「でもね、長年やってると、午前中で終わっちゃうの。」

「だからね、気晴らしにパートに行く事にして。ヘソクリしちゃったの。」
と、言った時のけいこさんの笑顔は少女のようで、可愛かったんです。

「何を買おうかな?と、いろいろ考えたんだけどねぇ。。。
もう、若かった時の様に、特に欲しいものもないし、
昔だったら、旦那にプレゼント買ったんだろうけど。。。」

「あぁ、このまま何かに心躍らせる事もなくダラダラと生きていくのかな。」
「とっても寂しい気持ちになっちゃって。」

ぼくは、思わずけいこさんの肩に手を回して、
ちょっと引寄せてしまいました。

けいこさんも、ぼくにもたれてきて、
何だか仲の良い熟年夫婦みたいでした。。。

これが、けいこさんとの出会い、
その後、けいこさんには一人の女性として、
悦びの時間、そして癒しの時間を過ごしていただきました。


えっ?

あん。。。あぁぁん。。。あああぁぁぁぁ。。。。は? えっ?

と、思った方、また明日。。。

=つづく= (そりゃそうやろっ!)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/27-1fe1fb0f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。