FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

ゆりちゃんは、可愛い声を出しながら、手を後ろに回してきて、
ぼくのパンツの中に手を入れそうな勢いで、
どっちが性感マッサージを受けているのか分からなくなってきちゃったので、
そろそろ、ゆりちゃんのマン★にお邪魔することにしました。

後ろから乳首を弄びながら、
もう一方の手はゆりちゃんの内モモをさすっていると、
ゆりちゃんの身体の反りが一層強くなってきました。

パンティン中に指を這わせると、
ゆりちゃんの陰毛は生暖かく、そして適度に湿って、
もっと中の方に。。。と誘っている様でした。

ゆりちゃんをゆっくりと寝転ばせて、
ぼくがゆりちゃんのパンティに手をかけると、
ゆりちゃんは腰を上げて。。。

パンティは、するりとゆりちゃんのお尻を抜けて、
とうとう脱がされてしまいました。

ゆりちゃんのマン★が、その濡れ濡れの妖艶な姿を露わし、
早く。。。お願い。。。触って。。。。
気持ち良くなりたいの。。。。
と、訴えている様でした。

ちょっと焦らし気味に、そのよく湿ったマン★に、
指を這わせると、ゆりちゃんは、再び

「っあぁぁぁぁ。。。。。。」
「ああぁぁぁぁっ。。。。。ん」

シーツを掴んで、身体をくねらせながら、反り返り、
絶え間なく、声をあげて。。。

ぼくの指は、マン★を優しく撫でながら、
クリトリスに近づいていき、
その自己主張の強い突起を見つけると、
ゆりちゃんの反応を楽しみながらコロコロと転がして、

ゆりちゃんは身体を一層くねらせながら、
腰を前後に動かし始めました。

ゆりちゃんの気の済むまで。。。
と、クリトリスを弄んでいると、
息も途切れ途切れになってきたので、
ぼくは指をマン★の割目に入れていきました。
濡れ濡れマン★は、何の抵抗もなく、ぼくの指を受け入れ、

その暖かな肉壁が吸い付くように指を包み込み、
自らの性感をMAXに高めようとしているようでした。

指を一番奥まで突っ込んでいくと、
指の先に丸い感触を感じ、
その丸い子宮の入口の回りを撫でてあげました。
ぼくは、ゆりちゃんが癒されてくれてるかな。。。
と、ゆりちゃんが悦んでいる表情を眺めていると、
ぼくの指の動きに合わせて、ゆりちゃんの声が一段と高くなり、

「あーーーーーん」
「ダメぇぇ。。。。」

ぼくは、一言、
「まだ、イかないでください」
「この後が、もっと気持ちいいんです」

ゆりちゃんは、イかないように我慢している様でしたが。。。
とうとう、首を激しく横に振ったかと思うと、

「あああああああああぁぁぁぁぁぁぁ。。。」
「あああん。。。ああぁぁん。。。あぁぁぁ。。。。。。」
「んっ。。んっ。。。。んんん。。。。」

と、可愛く鳴いて、身体の力がかくんと抜けてしまいました。

= つづく =
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

マッサージ好きなんですぅ

気持ちよさそー!
腰が浮いて…
その後カクンっとなるの大好きです♡
2014-11-15 10:59 | しお♡りん #- URL [ 編集 ]

しおりんさん。こんばんは。
女性って男の何倍も気持ちいいって聞いた事があります。
羨ましい!と思うのと同時に、せっかくなんだからもっと癒されまくってほしいと思うのです。
2014-11-15 21:36 | ひろ坊 #2DdjN05. URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/25-b5061400

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。