FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

ゆりちゃんの小さめのオッパイが現れた瞬間、
我に返ったゆりちゃんは
「あっ。」 「恥ずかしい。。。」
と、オッパイを隠すように手ブラ。

その手ブラの上からゆりちゃんの手を撫でながら、
ブラを外すように、その手を外して、
再び露わになったオッパイを愛撫してあげました。

小さめのオッパイをサワサワと撫でながら、
ピン起ちの乳首もコロコロしてると、
ゆりちゃんは、その感触を楽しむように目を閉じました。
身体を少しくねらせながら。
そして、ゆりちゃんの口は半開きになってきて、
「はぁ。。はぁ。。」と、呼吸が早くなってきたかと思うと、

「っあぁぁっ。。。んんん。。。」
「あああああぁぁぁん。。。。」

と、素敵な声を出しながら、
ゆりちゃんは、またぼくのモモからお尻に手を回してきて、
とうとう、その手が前に回ってきました。
ぼくのチ★コは恥ずかしながら、ちゃんと反応してまして。。。
それを見つけたゆりちゃんは、ズボンの上からナデナデして。。。
とうとう、ベルトに手をかけてきちゃいました。
潤んだ瞳で見つめられたから、
お望みならばと、ズボンを脱いでパンイチになって、
ゆりちゃんの上半身を起こしてあげて浴衣を脱がせました。

ゆりちゃんもパンイチになったところで、
後ろからオッパイを愛撫しながら、
片手をゆりちゃんの内モモに這わせると、
ゆりちゃんは首を後ろにそらせて、

「あぁぁ。。あぁぁぁ。ん」

と、可愛い声を出しながら、手を後ろに回してきて、
ぼくのチ★コを探して、パンツの中に手を入れそうな勢いで、
ぼくは、先っちょが濡れているのがバレそうで。。。

どっちが性感マッサージを受けているのか分からなくなってきちゃったので、
そろそろ、ゆりちゃんのマン★にお邪魔することにしましょうか。。。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/24-afd8483d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。