FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

お尻を撫でながら、モモの内側も撫でてあげると、
ゆりちゃんの口から、小さな声で

「ぁぁっ。。。」

と、声が漏れ始めました。

しばらく、モモの内側を撫でてあげました。
時々、マン★の近くまで撫で上げると、
ゆりちゃんは、

「はぁぁ。。。」と、息を吸った後に、
「あぁぁぁあぁ。。。」

そして、ぼくの手には微かな温もりが伝わってきて、
きっと、ゆりちゃんのパンティの中は湿り始めているのでしょう。
このままマン★に指を這わせたら、ゆりちゃんは。。。
と、思いつつ、仰向けになる様に促しました。

ゆりちゃんは素直に身体を回して仰向けに。

上半身は浴衣を着たままで、下半身は露わになって、
薄暗い部屋で、赤いパンティが妖艶な輝きを放っていました。
気のせいか、その中心部にはシミがあるような。。。

ぼくの左手は、今度はゆりちゃんの前側からモモを撫でながら、
右手を上半身に伸ばしまして、
浴衣の上から腰から脇まで撫でてみました。

「ううぅぅん。。。」
と、言いながら、ちょっと、くすぐったそうに身体をくねらせたら、
ゆりちゃんの手が、ぼくのモモ辺りに触れて、
ゆりちゃんは、その手を離すでもなく、ぼくのモモに触れていました。

左手も上半身に移して、ゆりちゃんの腰回りからお腹を撫でて、
徐々にオッパイに近づいていきました。
ゆりちゃんの手に力が入り、
ゆりちゃんは、怖いのか、それとも期待しているのか。

それを確かめるためにも、早速、浴衣の上からオッパイを。
オッパイの下側から、ちょっと持ち上げる様にモミモミしてあげると、
「あんっ。。」
と、短く声を上げ、ゆりちゃんの手の力が一層強くなったかと思うと、
その後は、ぼくのモモからお尻を撫で始めました。

ちょっと糊の効きすぎた薄手の浴衣が、もどかしいのか、
それとも、ぼくの手とゆりちゃんのオッパイの間に
一枚の布がある愛撫が好きなのか、ゆりちゃんは、

「ううぅぅん。。。」 と、
「あぁぁん。。。」
の繰り返しで、でも、確実にその声は大きくなり始めて来ました。

ゆりちゃんの乳首がピンピンになって、 
浴衣の中で窮屈そうにしているので、
そろそろ解放してあげる事にしましょう。

右手は乳首をつまんだり、撫でたり、ちょっと引っ張ったりしながら、
左手を浴衣の帯に伸ばし、結び目を解きました。
帯を緩めると、ゆりちゃんは腰を上げました。
その帯が抜けるように。

それと同時に、浴衣の前もはだけ、ゆりちゃんの
小さめのオッパイが現れました。

瞬間、我に返ったゆりちゃんが
「あっ。」 「恥ずかしい。。。」






スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/23-0dd06fc1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。