FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

そして、指を止めてみると 「あああん」 と言いながら、足を動かして、おねだりを始めました。
ちーちゃんの悦びは昂ぶりに変わって来ました。

本当は焦らした方が良かったのかも知れませんが。。。
ぼくは、おねだりするちーちゃんが可愛くて、可愛くて、
ちーちゃんの濡れ濡れのマン★を再び撫でてあげる事が我慢できずに。

マン★の両側を、ゆっくりと撫で上げて、折り返して下に下がって、
また折り返して、撫で上げるを繰り返すと、ちーちゃんはもう、

「あぁん。。。あぁん。。。あぁぁぁんんん。。。」
が止まりません。

ちょっと腰を横に動かしたような気がしたのは気のせいでしょうか。
それとも、マン★の真ん中を撫でて欲しいのでしょうか。。。

下に降りた時に、マン★の割目の端っこで、指先をくるくる輪を描いて刺激してみると、
それまでは「あんあん」だったちーちゃんの声が

「あぁぁぁぁーーーーーーん。。。」

ここが気持ちいいんだな。と、思うと、ぼくの中では、
さて、マン★の下の端っこと、上の端っこのポッチはどっちが好きなんだろう?
と言う、素直な疑問が湧いてきて、好奇心旺盛なぼくは実験しに行く事にして、
じわじわっと撫で上げて、クリトリスに。

指先でコロコロしましょう。
ちーちゃんのお湿りは充分を通り越して、ビショビショです。
ちょっと尖った感じのクリちゃんは、ピンと自己主張して、
ぼくの指と一緒にコロコロと舞っています。

クリちゃんを転がされてしまったちーちゃんは。。。
「っあぁぁっ。。。んっっ。。。。」を途切らせることが出来ず、
呼吸できているのか、いないのか。

もう一度、マン★の下の方に行くと、
「あぁぁぁぁぁーーーーーーん」

クリちゃんに戻って、
「っあぁぁっ。。。んっっ。。。。」

とうとう手を伸ばして、ぼくのモモを撫で上げて、トランクスの真ん中に。
ダメダメ。今日は、ちーちゃんを癒してあげるんだから。

ちーちゃんの呼吸が一層早くなってきたところで、
クリトリスをコロコロしながら、オッパイも包んで乳首をコロコロしてみましょう。

ちーちゃんは、ためらいながらもトランクスの中に手を滑り込ませって、
ぼくの(恥ずかしながら?)硬くなってしまったヤツを包んでくれました。

ならば、ぼくはクリトリスから指を下に這わせて。
今度はマン★の両脇ではなく、真ん中を。
暖かいヌルヌルのマン★は、ぼくの指をすんなりと受け入れて、
心なしか、ヒクヒクしているような感触があって、ぼくの指に吸い付くように包み込んでくれました。

ゆっくりと出し入れしながら、親指はクリちゃんに戻って、
マン★の中とクリちゃんを、ちょっと強く挟み込んでみたんです。

ちーちゃんは。。。。
「っあぁぁっ。。。んっっ。。。。」

そして、指の力と動きに合わせて、
「んっ。。あっっ。。あっ。。。あっぁぁっ。。。あぁぁぁぁ」
「あっっ。。あっっん。。あぁっあっあぁぁっ。。。あぁぁ。。。あぁぁぁぁーーーー」

その時です。
ちーちゃんの腰がちょっと浮いて、
ちいさな声になったと思ったら。。。

「あっぁ。。イっちゃう。。。。」

指先にちょっと力を加えると。。。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁ。。。。。」

と、腰が上がって。

絶頂に達してくれました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/16-2608072d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。