FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

パンティを脱がされて露わになったちーちゃんのピンク色のマン★の程よく濡れたその姿はとても素敵で、この後の、ちーちゃんのための悦びの時間のクライマックスを待ちわびているようです。

ちーちゃんは、しばらくじっとしていたんですが、ハッと気付いた感じでマン★を手で覆ってしまいました。
本当に恥ずかしいのか、恥ずかしいフリをしているのか。
ちーちゃんの気持ちを尊重して、モモへの刺激に戻ったんです。
再び、ちーちゃんの、あぁんあぁんと、くねくねが始まったんですが、間もなくすると、
ぼくの腕を掴んで、マン★に引寄せるんです。。。。

実はちーちゃんは、その濡れ濡れマン★と硬くなってしまったクリトリスを、早く撫でて欲しいんだ。
もう、女心って。。。と、思う一方で、このゆっくり感に焦らされてエロくなっていくちーちゃんが。。。
可愛い。。。。。

ぼくの手を引寄せたくせに、自分の手はまだマン★を覆っているので、
その手の下に指を滑り込ませていくと、ちーちゃんは自分の手を少しずつ離します。
あくまも、ぼくが強引にちーちゃんの手を外した体裁で。。。

パンティを脱がせて、次はちーちゃんの手を脱がせて、
再びピンクのマン★は露わになり、ぼくの指がその割れ目をなぞる様に撫で上げると、
ちーちゃんは。。。
「っっあぁぁぁぁぁーーーーーーーーんっんんんん!」
これまでで一番大きな喘ぎ声です。

クリトリスに触らない様に気を付けながら、熱くなったマン★を、ゆっくりと、優しく。
ぼくの指もどんどん濡れて来て、ちーちゃんのマン★と指は、なめらかに滑る様に、その出会いを楽しんでいます。

ちーちゃんは、シーツを掴み 「あぁぁぁ。。。気持ちいいぃぃぃ。。。」

そして、指を止めてみると 「あああん」 と言いながら、足を動かして、おねだりを始めました。
ちーちゃんの悦びは昂ぶりに変わって来ました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/15-b2adaa97

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。