FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

そろそろ、ちーちゃんのモモを責める事にしましょうか。
ちーちゃんの癒しの時間は悦びの時間へ発展していき始めました。

ちーちゃんの両足の間に座って、とても触り心地の良いモモを、
膝の辺りからサワサワと、少しずつ、ゆっくりと、探検すると、
ぼくの指の動きに、ちーちゃんの声が応えてくれるんです。
「あぁぁぁ。。。ん」
気持ちいい?」
「。。。。」
ちーちゃん、恥ずかしいのかな?

と、思ったら、小さな声で 「。。。気持ちいい。。。」

(ところで、気持ちいい?って聞くのは反則なのかな?
どなたか、これをお読みの女性の方のご意見をコメントいただけませんでしょうか?)

その小さな叫びを聞いたら、もう、ぼくの悦びも一気に上昇して、
このままちーちゃんを、もっと気持ち良くしてあげたい!と、心の底から思うのです。

で、水玉パンティに忍び寄って行くと、ちーちゃんはちょっとお尻を上げるんです。
それならば、ご希望通り、その丸いお尻を撫でててあげようか?
片手をお尻の下にすべり込ませて、もう片方の手は、おへそに遊びに。

もう、浴衣モドキは邪魔なので、おへそに遊びに行くついでに紐を解くと、
ちーちゃんのオッパイから腰、パンティまでが薄明かりの中で艶めかしく、
あんあん言いながら、くねくねしてます。

おへそをこちょこちょしたら、
「だめぇ。。。。くすぐったい。。。」と、かすかな抵抗。
この時の「だめぇ」は、どっちなんだ?と言う疑問と、
くすぐったいのを通り過ぎたら、未体験の世界もあるんだろうけどな、
とも思いながら、今日は勘弁してあげる事にします。

おへそから、徐々に下に向かって指と爪を這わせて、パンティの中に指先を。
ちーちゃんの陰毛、柔らか目の感触だ。

そして、お尻の下の手を中心部に近づけると、パンティは湿っていて、
もう、その中は大洪水状態なのが隠しきれていません。
モモの付け根から、指を入れると、これまでの「あんあん」とは違って、
「っはぁぁっ。。。」と、息を吸いながらの声が。

ぼくは、ちーちゃんの濡れ濡れを堪能しましょう。
もう、ちーちゃんは、早く触ってよ。もっと、もっと中に入ってきてよ。
と、言いたいけど言えないんだろうな。。。
その代わりに、お尻をくねくねして、ぼくの指が真ん中に来るように動かしてきます。
言葉責めが頭をよぎるんですが、今日は紳士的に無言で。

上からの手を、更に奥に滑らせて、クリトリスの寸前まで。
ちーちゃんの声が大きくなってきて、体も少しそり気味になってきたので、焦らし気味に、寸止めを続けます。
ちーちゃんは、腰をくねらせて、ぼくの指が真ん中に来るように。。。

寸止めと早く来てぇの攻防が続くと、パンティが窮屈なので、その束縛から解放してあげる事にして、
一旦、手を抜いて、パンティの両側に指をかけると、ちーちゃんは素直にお尻をちょっと上げて、
ぼくは、ちーちゃんの水玉パンティを静かに脱がせてあげました。

遂に、ちーちゃんのピンク色のマン★が露わになって、そして程よく濡れたその姿はとても素敵で、
この後の、ちーちゃんのための悦びの時間のクライマックスを待ちわびているようです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/13-e8c5921b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。