FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

ちーちゃんが内股気味で、左右の足をすり合わせるような感じで動かし始めて、
ぼくは、右の手のひらのマッサージを終えて、ちーちゃんの上を乗り越えて向こう側へ行こうとした時です。
ちーちゃんの手が、ぼくのももの内側を撫でたんです。

お誘いサインだな。。。
いや。まだです。まだ紳士を気取るのです。

左の手を取り、モミモミ開始です。
「気持ちいい?」「うん。気持ちいい。。。」

ちーちゃんの左側で、ベッドの上に座ってちーちゃんの左腕を抱え込むようにして手のひらをモミモミしながら、
ぼくの肘はちーちゃんの胸の膨らみに当たりそうになるんです。
もう、ぼくの全神経は肘に集中!です。
その時、ちーちゃんが、ちょっとこっち向きに体をズラした様な気がしたんです。
あの、女性の胸の柔らかい感触が。。。
気付かないふりを押し通しながら、でもちーちゃんの ”ピクん” を期待しながら。

と、思ったんですが、もうこうなったら、紳士面はかなぐり捨てましょう。
ちーちゃんを、もっと気持ち良くしてあげたいっ! ぼくの性癖?が目覚めてしまいました。
ちーちゃんは、オッパイが感じるのでしょうか? おしりかな? それとも、やっぱり、ど真ん中か?
ちーちゃんの性感帯探り開始!

手のひらのモミモミもそこそこに、肘をオッパイに押し当てます。
オッパイの先っちょに狙いを定めて、浴衣モドキの上から柔らかく刺激をあげると、
ちーちゃんの吐息は深くなり、そして早くなってきました。
ちーちゃんも楽しんでくれているようです。ぼくは幸せです。

体の向きを変えて、肘ではなく、手のひらでオッパイを。ちーちゃんはぼくの腰に手を回してきました。
片手で髪を撫でながら、片手はオッパイを撫でてます。薄い布を挟んでの愛撫って、エロいな。
と、考えながら、時々、ピンと硬くなった先っぽを撫でると、
ついに、ちーちゃんの口からは 「あっ。。。あぁ。。」と、声が漏れました。

ちーちゃんのための 癒しの時間の始まりです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/11-c7dfd574

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。