FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

ちーちゃんのパンパンだったふくらはぎも、ちょっと柔らかくなってきました。
時々、ひざの裏もサワサワしながら。
その時の、ちーちゃんのピクっ。。。を楽しみながら。

そのまま、ももに進もうか、まだ ”普通”のマッサージで癒そうか。
ぼくは心の葛藤と闘いながら、ちょっと冒険をしてみます。
ももに進んでも、ちーちゃんは拒否せずに吐息の我慢を続けます。
が、ここで紳士を気取る事にしましょう。

さてさて、ちーちゃんは焦らされた気分なのか、ホっとしているのか。
気になるところですが、頑張って紳士を気取りましょう。
「あーーー。おしりもモミモミしたかった。。。」と、心で叫びながら。。。

「さて、腕も揉んであげる。仰向けになって。」と、ぼく。
「何だか申し訳ないよ。。。」「でも、気持ちいいの。」
と、ちーちゃんは、ゆっくりと裏返し。
頬がちょっとピンク?
と、思った時です。あの浴衣モドキの胸元が緩んでる!
そして、ちーちゃんの谷間が。。。。
気のせいだと思うのですが、乳首が起ってるのか?
浴衣モドキがポチっとなってる様な、なってない様な。
いやいや、気のせいだと。。。おーいぇぇい!

腕を取り、優しくモミモミ。
浴衣モドキの袖をちょっと引っ張りながら。
谷間をもっと拝ませてください!
乳首の先っぽがこすれてください!

なんて事を祈りながら、だんだんと手のひらへ。
ベッドに寝転がるちーちゃん。ぼくはちーちゃんの横でベッドに腰掛けて、
ちーちゃんの手を取って、ぼくのももの上でモミモミ。
カラオケBOXの時は、ジーンズの上だったのですが、
今日はぼくの浴衣モドキの裾ははだけまくって、ちーちゃんの手首辺りはぼくのももに直接タッチ。
ぼくのトランクスも見えてるはずです。
まぁ、ちーちゃんは目を閉じて、かすかな声を出しているのですが。
ぼくは、ぼくの暴れん坊が飛び出していない事を祈りつつ、ちーちゃんの手のひらに爪でサワサワ。

その時です。ちーちゃんの足が動き始めたんです。
内股気味で、左右の足をすり合わせる感じで。

いい感じです。
右の手のひらを終えて、左側に行きましょうか。
そのためには、ちーちゃんの上を乗り越えなくては。
ちーちゃんの手を放して、向こう側に行こうとした時、何かが起きました。

何が起きたのか、想像しながら次回をお楽しみに。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirobo0303.blog.fc2.com/tb.php/10-5b7c03b1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。