FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんがぼくの腕を掴んで、
そして、けいこさんのモモに誘導したんです。

ばくは、オイルを追加して、けいこさんの足を撫で始めました。

ヌルっとした感触が、けいこさんのモモに伝わると、
けいこさんはピクんっと反応して、

あんっ

と、可愛い声。
感度が良くなってしまっているご様子です。
けいこさんは、そろそろマンへのマッサージ
期待しているかのように、腰がクネクネと動き始めてしまいました。
このまま、指を、けいこさんの塗れた割目に這わせて、
けいこさん自身の愛液と、このオイルを混ぜて、
クチュクチュいわせたら。。。
けいこさんはきっと、一気に絶頂に達するんだろうな。。。

と、思ったぼくは、意地悪な気持ちを抑えられず、
オイルを含んだ手をモモから上には行かず、
膝をサワサワすることにしました

あぁん。やだ。。くすぐったい。。。

と、けいこさんはいいながら、
それでも腰のクネクネは止まらず、
口から漏れる声はしだいに大きくなってきて、

あぁぁああぁんん。。。。ぁぁんっ

腰も足もクネクネ。
もうほとんどドタバタ(笑)

ちょっと、落ち着いていただくために、ふくらはぎから足の先に。
足の指先にオイルをたっぷり塗り込みながら、
1本ずつ揉んであげました。

さて、けいこさんが少し落ち着きを取り戻してきたところで、
再び、悦び癒しの時間に進みましょう。

けいこさんの耳元で、
「けいこさん。ワンワンスタイルになって下さい。」
と、お願いしました。けいこさんの本能を引き出すために。
けいこさんは、「えぇぇ~恥ずかしぃ。。。」と、言いながら、
どうしようかな。。。と言った顔で、戸惑っていました。

けいこさんのモモと、おっぱいをサワサワしながら、
けいこさんの決心がつくのを待ちました。

けいこさんは、さっきまでと同じように、

っっぁぁ、ぁああぁあぁぁぁ。。。

と、声が出始めたので、ちょっと、足を持ち上げて、
けいこさんが身体を回してうつ伏せになるのを促しました。
けいこさんが素直にうつ伏せになったところで、
腰に手を添えて、持ち上げました。



けいこさん、遂に、
ワンワンスタイルです。。。

=つづく=

<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

マッサージオイルをけいこさんの背中に広げ始めると、
けいこさんは、少し背中を反り返らせて、
あっ。。気持ちいいぃぃぃ。。。。。

ヌルっとした感触が、けいこさんの感覚を刺激しちゃったようです。
背中をゆっくりと、撫でてあげると、
けいこさんの身体は、くねくねが止まらなくなってしまいました。

オイルは初めてですか?」

けいこさんは、コクンとうなづいて、
「初めて。。。」
「なんだか。。。ちょっと。。。」
と、言って、言葉が途切れてしまったかと思ったら、
あ。ぁ。ぁ。。。ん。。。。

もう、背中でイッてしまいそうな雰囲気になって来たので、
ちょっと、手を止めて。
気持ちを落ち着けて頂くために、
けいこさんの腕をマッサージしてあげる事にしました。

仰向けになってもらって、オイルを手に取り、
けいこさんの腕をヌルんと。
今度はけいこさん、気持ちよさそうなお顔で、
その感触を楽しむ余裕を取り戻したご様子で。

せっかくお越しいただいたのですから、
ゆっくりと癒されて頂かなくては、と、
しばらく、腕を撫でながら、世間話し(?)などを軽く。
けいこさん、色々と溜っていらっしゃるんです。
まぁ、その内容はご想像にお任せするとして、
そろそろ、の悦びと、癒しの時間に参りましょうか。

a21_convert_20141216225934.jpg
ぼくの手は、オイルと共に、けいこさんのオッパイに。
包み込むように、そしてその丸みに沿って、
手の平と、指先とを交互にオッパイを撫でまわすと。。。

あぁぁんんん。。。。
可愛い声を漏らし始めて、足もクネクネが止まらなくなって、
けいこさんの中の女性の感覚が研ぎ澄まされて来てるご様子。

オッパイはヌルヌルになって、
その真ん中で、ピンと起った乳首も。。。
ヌルんとしたこの感触で、けいこさんの乳首を、
包んで、つまんで、引っ張って、転がして。。。
けいこさんのは半開きになって、
あっぁぁぁ。。。。。ぁぁあああ。。。。が止まらなくなってしまいました。

その時、けいこさんがぼくの腕を掴んで来たんです。
ん?もしかしたら拒否するのか
と、思ったら、ぼくの腕を押し下げて、
けいこさんのモモに誘導されたんです。

女性が自ら、自分の悦びの為に積極的になる瞬間。
ぼくが幸せになる瞬間です。

オイルを追加して、けいこさんの足を撫で始めました。

=つづく=

<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんがバスルームに消えて、
ぼくはマットを準備して、マッサージオイルを準備しました。

ホテルじゃないので(?)、
けいこさん、バスタオルを巻いてのご登場です。

思わず、おぉぉ!
と、声をあげてしまいました。

最初に出会った時は、普通の主婦と言う印象だったのに、
今、ぼくの目の前にバスタオル姿で立っているけいこさんは、
艶っぽくて、可愛い、ひとりのに変わっていました。

けいこさんの手を取り、
マットの上にエスコートして、
そこにうつ伏せに寝ていただきました。

先ずは、肩から首をほぐして、
「普通に」気持ち良くなっていただきました。

背中をほぐし、
お尻を飛ばして、
ふくらはぎをほぐしながら、
癒し」のマッサージへのタイミングを計っていました。

けいこさんの、気持ちいい。。。。の声が、
ちょっと、甘い声に変わって来たのを感じたぼくは、
モミモミの力を徐々に緩めながら、
爪を立てる様にしてサワサワマッサージに。。。

けいこさんの吐息が、ハァッ。。。
と、漏れはじめ、
時々、お尻がピクッと動き始めました。

ももに手を這わせると、けいこさんは、
あぁぁん。。。

ぼくの大好きな瞬間です。
女性が悦んでくれている。。。

けいこさんに巻きついているバスタオルの裾から、
お尻にご挨拶をすると、
更に大きな声で、

あぁぁっ。。。あああぁぁぁんんん。。。。

少しずつ、バスタオルを緩めて、
お尻から腰、脇に上って行って、
オッパイの横まで到達したら。。。

けいこさんは、少し体を浮かせました。
ぼくの手が、けいこさんのオッパイの下に入る様に。
オッパイの下に手を入れながら、
けいこさんの身体を回して、横向きに寝てもらいました。

ぼくの手は、けいこさんの胸の膨らみを包み込んで、
指先は、その丸い膨らみの真ん中の
突起をもてあそび始めました。

けいこさんは、その感触を楽しむように、
はぁぁぁ。。。はぁぁぁ。。。
と、大きな息を繰り返しながら、
その突起をピンと起たせて、

あっ。。。あぁぁぁあぁぁああん。。。。

と、身体をくねらせて、
けいこさんが、癒しの時間を楽しんでくれていて。

ぼくは、もっと悦んでいただきたくて、
けいこさんに聞いてみました。

「今日はオイルに挑戦してみませんか

けいこさんは、もう、
あぁぁん。。。が、止まらなくて、
答えるのももどかしい様子で、
やっと、「お任せします。」と、一言。

けいこさんのオッパイをもてあそびながら、
けいこさんを守っていたバスタオルを取ると、
すこし火照った感じの、素敵なお姿が現れました。

ぼくは、マッサージオイルを手に取り、
もう一度、うつ伏せになっていただき、
けいこさんの背中に広げ始めました。。。

けいこさんは、少し背中を反り返らせて、
あっ。。。気持ちいいぃぃぃ。。。。。

=つづく=



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。