FC2ブログ

プロフィール

hirobo0303

Author:hirobo0303
ひろ坊です。
東京で単身赴任中の関西系のおっちゃんです。

知合い女性への癒しマッサージをしてあげたのをきっかけに、女性のための性感マッサージで悦びを提供するに至ったお話を綴ろうと思います。

暇つぶしにでも、お付き合い下されば幸いです。
よろしくお願いいたします。


最新コメント


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
40917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
763位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんが遂に、ワンワンスタイルになっちゃいました。

恥ずかしいと言っていたのに。
ぼくが促したら、とっても素直に。

ワンワンスタイルになったけいこさんのマンは、
優しく塗られたオイルと、けいこさん自身から溢れだした蜜とが程よく混ざり合って、
暗めの部屋の中で、妖艶な輝きを放っていました。
照明はさほど強くないにもかかわらず。。。です。

ヌルヌルになってしまったその美しい割目に指を這わせてみると、
けいこさんは一瞬にして、

あぁぁぁああぁぁ。。。。ん
あぁっ  ああぁぁあっ。。。。

と、声を出すのを我慢できないご様子で、
ぼくの指が、けいこさんのクリリスを捉えると、
その声はちょっと高くなったような気がしました。

クリちゃんをコロコロと弄びながら、
けいこさんのおっぱいを撫で上げて、
その先端のポッチも一緒にコロコロと。

けいこさんの耳元で、
「おもちゃはお好きですか?」

けいこさんは、やっとの思いで、
「分かりません。。。」と。

使った事が無いのか、野暮な事聞かないでっ!
なのか。

ぼくはを取り出して、
けいこさんの中に
ヌルヌルになってしまっているその蜜壺は、
侵入してきたを優しく包み込んでくれました。

けいこさんの中で、その内壁を、
ゆっくりと、時に強く、そして優しく撫でていると、
けいこさんは自ら腰を動かして、
一番気持ちいいところを探し始めている様でした。

最初は恥ずかしいなんて言っていたのに。。。

そろそろかな?
と、思ったのでのスイッチをON



けいこワンワンの前足は、シーツを掴み、
後足はプルプルと小刻みに震え始めました。

けいこさんの あんあん は、
もう、声にならない状況で、

ぁははぁぁ。。。。ぁっ。。。。
。。。。っあっっ。。。。ぁぁぁあああ。。。
息をするのがやっとみたいです。

=つづく=

<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

けいこさんがぼくの腕を掴んで、
そして、けいこさんのモモに誘導したんです。

ばくは、オイルを追加して、けいこさんの足を撫で始めました。

ヌルっとした感触が、けいこさんのモモに伝わると、
けいこさんはピクんっと反応して、

あんっ

と、可愛い声。
感度が良くなってしまっているご様子です。
けいこさんは、そろそろマンへのマッサージ
期待しているかのように、腰がクネクネと動き始めてしまいました。
このまま、指を、けいこさんの塗れた割目に這わせて、
けいこさん自身の愛液と、このオイルを混ぜて、
クチュクチュいわせたら。。。
けいこさんはきっと、一気に絶頂に達するんだろうな。。。

と、思ったぼくは、意地悪な気持ちを抑えられず、
オイルを含んだ手をモモから上には行かず、
膝をサワサワすることにしました

あぁん。やだ。。くすぐったい。。。

と、けいこさんはいいながら、
それでも腰のクネクネは止まらず、
口から漏れる声はしだいに大きくなってきて、

あぁぁああぁんん。。。。ぁぁんっ

腰も足もクネクネ。
もうほとんどドタバタ(笑)

ちょっと、落ち着いていただくために、ふくらはぎから足の先に。
足の指先にオイルをたっぷり塗り込みながら、
1本ずつ揉んであげました。

さて、けいこさんが少し落ち着きを取り戻してきたところで、
再び、悦び癒しの時間に進みましょう。

けいこさんの耳元で、
「けいこさん。ワンワンスタイルになって下さい。」
と、お願いしました。けいこさんの本能を引き出すために。
けいこさんは、「えぇぇ~恥ずかしぃ。。。」と、言いながら、
どうしようかな。。。と言った顔で、戸惑っていました。

けいこさんのモモと、おっぱいをサワサワしながら、
けいこさんの決心がつくのを待ちました。

けいこさんは、さっきまでと同じように、

っっぁぁ、ぁああぁあぁぁぁ。。。

と、声が出始めたので、ちょっと、足を持ち上げて、
けいこさんが身体を回してうつ伏せになるのを促しました。
けいこさんが素直にうつ伏せになったところで、
腰に手を添えて、持ち上げました。



けいこさん、遂に、
ワンワンスタイルです。。。

=つづく=

<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

マッサージオイルをけいこさんの背中に広げ始めると、
けいこさんは、少し背中を反り返らせて、
あっ。。気持ちいいぃぃぃ。。。。。

ヌルっとした感触が、けいこさんの感覚を刺激しちゃったようです。
背中をゆっくりと、撫でてあげると、
けいこさんの身体は、くねくねが止まらなくなってしまいました。

オイルは初めてですか?」

けいこさんは、コクンとうなづいて、
「初めて。。。」
「なんだか。。。ちょっと。。。」
と、言って、言葉が途切れてしまったかと思ったら、
あ。ぁ。ぁ。。。ん。。。。

もう、背中でイッてしまいそうな雰囲気になって来たので、
ちょっと、手を止めて。
気持ちを落ち着けて頂くために、
けいこさんの腕をマッサージしてあげる事にしました。

仰向けになってもらって、オイルを手に取り、
けいこさんの腕をヌルんと。
今度はけいこさん、気持ちよさそうなお顔で、
その感触を楽しむ余裕を取り戻したご様子で。

せっかくお越しいただいたのですから、
ゆっくりと癒されて頂かなくては、と、
しばらく、腕を撫でながら、世間話し(?)などを軽く。
けいこさん、色々と溜っていらっしゃるんです。
まぁ、その内容はご想像にお任せするとして、
そろそろ、の悦びと、癒しの時間に参りましょうか。

a21_convert_20141216225934.jpg
ぼくの手は、オイルと共に、けいこさんのオッパイに。
包み込むように、そしてその丸みに沿って、
手の平と、指先とを交互にオッパイを撫でまわすと。。。

あぁぁんんん。。。。
可愛い声を漏らし始めて、足もクネクネが止まらなくなって、
けいこさんの中の女性の感覚が研ぎ澄まされて来てるご様子。

オッパイはヌルヌルになって、
その真ん中で、ピンと起った乳首も。。。
ヌルんとしたこの感触で、けいこさんの乳首を、
包んで、つまんで、引っ張って、転がして。。。
けいこさんのは半開きになって、
あっぁぁぁ。。。。。ぁぁあああ。。。。が止まらなくなってしまいました。

その時、けいこさんがぼくの腕を掴んで来たんです。
ん?もしかしたら拒否するのか
と、思ったら、ぼくの腕を押し下げて、
けいこさんのモモに誘導されたんです。

女性が自ら、自分の悦びの為に積極的になる瞬間。
ぼくが幸せになる瞬間です。

オイルを追加して、けいこさんの足を撫で始めました。

=つづく=

<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

けいこさんがバスルームに消えて、
ぼくはマットを準備して、マッサージオイルを準備しました。

ホテルじゃないので(?)、
けいこさん、バスタオルを巻いてのご登場です。

思わず、おぉぉ!
と、声をあげてしまいました。

最初に出会った時は、普通の主婦と言う印象だったのに、
今、ぼくの目の前にバスタオル姿で立っているけいこさんは、
艶っぽくて、可愛い、ひとりのに変わっていました。

けいこさんの手を取り、
マットの上にエスコートして、
そこにうつ伏せに寝ていただきました。

先ずは、肩から首をほぐして、
「普通に」気持ち良くなっていただきました。

背中をほぐし、
お尻を飛ばして、
ふくらはぎをほぐしながら、
癒し」のマッサージへのタイミングを計っていました。

けいこさんの、気持ちいい。。。。の声が、
ちょっと、甘い声に変わって来たのを感じたぼくは、
モミモミの力を徐々に緩めながら、
爪を立てる様にしてサワサワマッサージに。。。

けいこさんの吐息が、ハァッ。。。
と、漏れはじめ、
時々、お尻がピクッと動き始めました。

ももに手を這わせると、けいこさんは、
あぁぁん。。。

ぼくの大好きな瞬間です。
女性が悦んでくれている。。。

けいこさんに巻きついているバスタオルの裾から、
お尻にご挨拶をすると、
更に大きな声で、

あぁぁっ。。。あああぁぁぁんんん。。。。

少しずつ、バスタオルを緩めて、
お尻から腰、脇に上って行って、
オッパイの横まで到達したら。。。

けいこさんは、少し体を浮かせました。
ぼくの手が、けいこさんのオッパイの下に入る様に。
オッパイの下に手を入れながら、
けいこさんの身体を回して、横向きに寝てもらいました。

ぼくの手は、けいこさんの胸の膨らみを包み込んで、
指先は、その丸い膨らみの真ん中の
突起をもてあそび始めました。

けいこさんは、その感触を楽しむように、
はぁぁぁ。。。はぁぁぁ。。。
と、大きな息を繰り返しながら、
その突起をピンと起たせて、

あっ。。。あぁぁぁあぁぁああん。。。。

と、身体をくねらせて、
けいこさんが、癒しの時間を楽しんでくれていて。

ぼくは、もっと悦んでいただきたくて、
けいこさんに聞いてみました。

「今日はオイルに挑戦してみませんか

けいこさんは、もう、
あぁぁん。。。が、止まらなくて、
答えるのももどかしい様子で、
やっと、「お任せします。」と、一言。

けいこさんのオッパイをもてあそびながら、
けいこさんを守っていたバスタオルを取ると、
すこし火照った感じの、素敵なお姿が現れました。

ぼくは、マッサージオイルを手に取り、
もう一度、うつ伏せになっていただき、
けいこさんの背中に広げ始めました。。。

けいこさんは、少し背中を反り返らせて、
あっ。。。気持ちいいぃぃぃ。。。。。

=つづく=



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

あん。。。あぁぁん。。。あああぁぁぁぁ。。。。は? えっ?
と、思った方、また明日。。。
=つづく= (そりゃそうやろっ!)
と、書いてから一週間が経ってしまいました。
そりゃそうやろっも何もないもんだ。。。
と、自分に言い聞かせておりますのでご容赦下され


さて、けいこさん。
意を決して を取り戻そうと、
癒しの世界に飛び込んできて下さって3回目。
けいこさんもそろそろ、ぼくに慣れてくれたかな、
と考えて、思い切って聞いてみたんです。

「今日は、ぼくの部屋にお越しになりませんか?」

けいこさんは、えっ っと言う顔をして、ぼくを見つめていました

けいこさんがパートに出て、せっかく稼いだを少しでも節約できればと思っての一言でした。
確かにホテルの方がベッドも、お風呂も、部屋も広いし、普段の生活から隔離された不思議な空間ではあるんですが。。。

ぼくは、続けて、
「何の変哲もない、小さな部屋ですけど」
「ホテル代だけでも節約していただけたらと思いまして。」

けいこさんは、ちょっと間を空けて、こくりとうなづいて、

「いいんですか? 本当にお邪魔して。」

と言う事で、二人でに乗って
(と言っても、実は3駅ですが。。。)
最寄りの駅からは、手をつないでプチ・デート。

「手をつないで歩くなんて、久し振りだわ
と、言って、その手を離したかと思ったら、
その腕を、ぼくの腕に絡めて来ました。

ぼくのひじに、けいこさんのおっぱいが。。。

正直に認めます。
ぼくは、その感触を心の底から楽しんでいました。はい。

デート気分で歩いて、程なくすると、ぼくの隠れ家に到着です。
(単身赴任中の独り暮らし様のマンションです。)
(そして、けいこさんをお招きするために、前日に必死で片付けました!)

「あら。きれいに片付けていらっしゃるのね。」

と、言った時のけいこさんの意地悪そうな顔が。。。
さすが、主婦のプロ。
昨日、ドタバタと、一夜漬けで片付けたのがバレバレでした

さて、を入れて、ちょっとおしゃべり。
実際には、けいこさんがおしゃべり、ぼくは聞き役でしたが。

けいこさんが、
「ごめんなさい。ひとりでいっぱいしゃべってしまって。」
「家じゃぁ、空気みたいな人しかいなくて、話す事なんてないし。」
「あーー楽しかった。」

と、言ったのをきっかけに、シャワーを勧めて、
けいこさんはバスルームに消えていきました。

マットを準備して、マッサージオイルを準備して、
けいこさんのご登場を待っていました。

今日も前置きが長くなってしまいました。
あん。あん。あぁぁぁ。。。。ん。
は、また明日に持ち越しでーーーす。

=つづく= (そりゃそうやろっ! その2)



<ぽちっと。よろしくお願いします>


<リンク・ブロとも 募集中です!>

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。